名古屋ゲームミュージックアンサンブル -Nagoya Game Music Ensemble-

東海地区でゲーム音楽を演奏!

6月28日 選曲会議後記

こんにちは。

カレー大好き、きぴくみんです。

A.SaxとかS.Saxとか吹いてます。

よろしくお願いします。



さて、第2回演奏会が終わり、反省会も終え、NGMEの活動はひと段落...





...しません。





しません!







選曲会議です!!







第3回演奏会に向けて、各々が演奏したいゲームタイトルをアピールし合う、恐らく1年間の活動の中で最も過酷な闘いの日です。



1人の発表持ち時間は15分。

エントリー数は34。

なんと、朝9時から19時という長期戦でした。



発表方法も様々。

動画や絵、パワーポイントなどを作成し、曲を流したりストーリーを説明したり。

売上本数をアピールしたり、逆にマイナーさをアピールしたり。

そして5段階評価をして、順位をつけます。プレゼン力が試されますね。

この発表のおかげで、「あ、このゲーム今度やってみよう」と思う団員も数多くいます。



そんなゲーム布教大会選曲会議の結果を踏まえ、演奏会の構成を考えて、曲目を決めていきます。



今回、私は某有名RPGを発表したのですが、なんとなんと、選曲会議で1位をいただきました!

* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ



演奏会のアンケートでも、たくさんの方に「演奏してほしい!」とリクエストをいただいた、あのゲームです。

オトナの事情でまだタイトルは発表できませんが、第3回演奏会で演奏される可能性も高いのではないでしょうか...!!



ぜひぜひ楽しみニしていてクダサイ。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 22:26:36|
  2. 練習後記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

6月21日 反省会・第3期総会後記 ~おとなになったわたしたちができること~

 おはこんにちさんそふと!

 

まだまだ記憶に新しい、去る6月8日の第二回演奏会へ御越し下さった皆様。改めて御礼申し上げます。とってもとってもありがとうございます。

 

あ、今回のブログ当番のわたくし、演奏会では司会で御馴染み(になりたい)おぬきでございます。楽器は全くできませぬ。楽譜も読めませぬ。

 

さて、621日は演奏会の反省会と新たな始動へ向けての総会を実施しました。

 

 団員たちが一堂に会し、一年間を振り返り、大いに反省点について議論を交わしあう。それはそれは熱気の漂う会合なわけでございます。

 

 演奏会で御記入頂きましたアンケートの内容も、大切な協議の材料となっています。

 

 飛び交う追及!

               吠える中年!

ビビる少年!

            笑う赤子!

 

と、景色の言及もそこそこに。

 

 皆が真剣に、団としての一年間を振り返ってたくさんの指摘を挙げる。それは自分のことも自分以外のことも。全てがすべて的確なものではないかもしれないけど、たくさん挙がる。恐れず挙げる。

 

 そして、「私はこう考える」「そこは違うと思う」と意見が飛び交うのです。それぞれが思う「こうしたらもっと良くなるはず」が、時にはぶつかり合いながら、ひとつひとつ精査されていくのです。

 

 世は資本主義が隆盛を誇る時代。日常がすべて、自分の願うとおりに組み立てられている人は、そこまで多くないはずです。どこか色々な事に諦めがちになってしまう人もいるでしょう。そんな大変な時代の中で、「団のために」即ち仲間たちのために大いに声をあげ、物事に取り組めている。この団の仲間達は宝物です。

 

大変な日常からの逃げ場じゃない。

 

仲間に心を磨かれて、自分が少し大きくなって明日へいける場所。

 

何年先も、そう在り続けたいです。

 

さて、そんな名古屋ゲームミュージックアンサンブルですが、奏者募集はもちろんのこと、奏者たちを強力にサポートしてくださる美術や演出スタッフさんも募集しております。

 

楽譜も読めないド素人だって、いくらでもやれることがあるんです。

 

このブログを読んで下さっているそこのアナタ!( ゚Д゚)

 

私たちと一緒に文化を育てて行きませんか?来年の演奏会を支えるのは、アナタかも知れません。

 

さあ、今週末は選曲会議。

 

皆の燃え盛る情熱が、プレゼンテーションとなって団員達のハートを次々とつかんでいきます!日が暮れるころには皆のハートも原型を失うこと請け合いです!

 

今年は誰の想いが団を動かすのか楽しみです(・ω・)

  1. 2014/06/25(水) 22:01:06|
  2. 練習後記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋ゲームミュージックアンサンブル第2回演奏会 後記

2回演奏会、実行委員長のセディです。

演奏会にお越しいただいた皆様、ありがとうございました!

また、演奏会開催に際してご協力いただいた多くの皆様方のおかげで演奏会を成功させることができました。本当にありがとうございました!

 

まずは、2回演奏会のプログラムからご紹介します!

 

幕前演奏(サックスアンサンブル)

スーパーマリオシリーズメドレー

スーパーマリオUSAより「プレイヤーセレクト」、「地上BGM

スーパーマリオワールドより「アスレチックBGM

スーパーマリオギャラクシーより「ウィンドガーデン」

 

1部 LEGEND

「ロマンシングサガ ミンストレルソング」より「オーバーチュア~オープニング」

 

聖剣伝説メドレーII

天使の怖れ(聖剣伝説2)

SwivelDecision BellSacrifice Part Three(聖剣伝説3)

Song of Mana ~Opening Theme~(聖剣伝説Legend of MANA

 

吹奏楽のためのゼルダの伝説メドレー

オープニング、メインテーマ(ゼルダの伝説)

タルタル山脈(ゼルダの伝説 夢を見る島)

ハイラル平原(ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス、時のオカリナ)

大妖精のテーマ、ゼルダの子守唄(ゼルダの伝説シリーズ)

裏の地上(ゼルダの伝説 神々のトライフォース)~女神の詩(ゼルダの伝説 スカイウォードソード)

 

2 ACTION

メドレdeチョコボ

マーチdeチョコボ(チョコボの不思議なダンジョン2)

エレキdeチョコボ、ワルツdeチョコボ、フィドルdeチョコボ、コクーンdeチョコボ 夢を見ようよⅡ(FINAL FANTASY VII

パルスdeチョコボ(FINAL FANTASY XIII

 

ドラゴンクエストIIIより「王宮のロンド」

 (名古屋ゲームミュージックストリングスによるゲスト演奏)

 

サンソフト ファミコンメドレー

あゝ人生に涙あり(天下のご意見番 水戸黄門)

メイン1 (かんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次 千里の道も一歩から)

タイトル、メイン(いっき)

メイン(スーパーアラビアン)

タイトル(ラフワールド)

HAPPY BIRTHDAY(ギミック!

オープニング(リップルアイランド)

ステージスタート、メイン(洞窟)、エンディング(アトランチスの謎)

 

みんなのリズム天国

タイトル、タンバリン、バドミントン、ゲームセレクト1、コロコロたんけん隊、レスラー会見、悪霊退散、さる時計

 

3 CRYSTAL

FINAL FANTASY IX MEDLEY

いつか帰るところ、嵐に消された記憶、アレクサンドリアの空、この刃に懸けて、ハンターチャンス、ファンファーレ、あの丘を越えて、ローズオブメイ、守るべきもの、永遠の豊穣 Eternal Havest、飛空挺ヒルダガルデ、バトル2、最後の闘い、その扉の向こうに、Melodies Of Life~Final Fantasy

 

組曲 BRAVELY DEFAULT

序章 希望へ向う序曲

1章 はじまりの国、光と影の地平、戦いの鐘、勝利の歓び

2章 艶花の国、内戦の国、不死の国

3章 来訪者、彼の者の名は、地平を喰らう蛇、希望へ向う譚詩曲

 

アンコール

FINAL FANTASY VIより「仲間を求めて」

 

ロマンシング サ・ガ3より「エンドタイトル」

 

 

それでは個人的な部分も含まれますが、今回の演奏会に至るまでの過程なども含めて、演奏会後記として書き残したいと思います。

 

【演奏会始動に向けて

2012221日 名古屋ゲームミュージックアンサンブル結成

そして2013512日 中川文化小劇場にて第1回演奏会を開催。446席収容の会場からあふれるお客様の前で演奏会をさせていただきました。(入れなかったお客様、申し訳ありませんでした。)

 

1回演奏会後の総会にて実行委員長の選出。

ほかのゲーム音楽団体(東京ファンタジックブラスバンド)にて演奏会の副リーダーとしてやったこともあり、当初は立候補するつもりはなかったのですが、同じ結成メンバーの小貫さんが立候補したこともあり、実務を支えるということを主として一緒に実行委員長を務めることになりました。

 

【会場決め~抽選】

1000人弱の会場であれば全員入るだろうということで候補を決めて、抽選へ、抽選に行ってくれたメンバーの脅威の引きにより、第1希望であった今回の会場が確保されました。

今回の刈谷総合文化センター大ホールは1階席だけで1,186席、2階まで入れると1,541席という吹奏楽の演奏会としては埋まることが想像できない会場でした。

それでも1階席がある程度埋まれば、ということでこの会場になったのですが、せっかく1,541席もあるなら埋めるために宣伝活動に力を入れよう!それがまず1つ目の目標となりました。

 

 

【選曲会議~プログラム決定】

NGMEでは演奏会のプログラムを行う前に選曲会議という名の大プレゼン大会が行われます。第1回でもこの会議により、圧倒的な支持を受けた聖剣伝説メドレーが選ばれました。

今回は23曲がエントリーされ、丸1日の熾烈な戦いが行われ、投票結果から今回のプログラムが決定しました。

私は、結成当初からやりたいと思っていた、地元ゲームメーカーとのコラボ企画をテーマにサンソフトメドレーをエントリー。団員のほとんどが知らないタイトルだらけでしたが、最後はリーダー権限でプログラムに入れ込ませてもらいましたw

 

最終的には、リップルアイランドの開発者の酒井様に演奏会中にインタビューさせていただいたり、Twitter公式アカウントで何回も宣伝していただいたりと、大変にご協力していただきました!サン電子のみなさま、大変にありがとうございました!

 

大まかなプログラムが決定した後は、それぞれのメドレー内の曲の選出。そして各ゲームメーカー様やJASRACへの楽曲使用許可を申請。

編曲もスタートし、少しずつ演奏会へと進んでいきました。

 

 

NGMSの結成】

この頃、演奏会のときに来場され、当団の団長に弦楽器として入団をお願いされた現名古屋ゲームミュージックストリングス(NGMS)の団長、しぃさんとの出会いがありました。

NGMS出演のときの結成談話でもありましたが、吹奏楽というスタイルでメンバーが揃っていたこともあり、弦楽の方の入団はお断りしました。

そのあと、弦専門のゲーム楽団を立ち上げるということになり、しぃさんと姉妹楽団として設立していくことや、NGME設立で得た経験をお話しし、一気に設立に向けて話が進み、NGMSという姉妹楽団が生まれました。

 

演奏会やNGMEの活動で私がやっていきたいと思っていたことの中に、東海にあるゲーム音楽演奏団体とのコラボという構想がありました。

2部のプログラム間に、着替えなどの時間が必要な時間があったこともあり、NGMSの初練習後の懇親会へ顔を出させてもらい、出演を打診。NGMS出演決定という流れになりました。

 

NGMEが結成される前も含め、東海にはNGME以外に3組のゲーム音楽を演奏されている団体があります。

今後、いろいろな形で協力してゲーム音楽を東海地方に広めていきたいと思っており、代表の方とは交流させていただいております。

ほかの団体様の演奏会にもぜひ足を運んでいただければと思います。

 

名古屋ゲームミュージックストリングス

当団の姉妹楽団であるゲーム音楽専門の弦楽団です。

1回演奏会

日時: 20141019日(日)開場 13:30 開演 14:00

会場: 名古屋市 南小文化劇場ホール

プログラム:「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「艦隊これくしょん」 など

 

A+ (アプラス)

2011年から栄の7th caféを拠点にゲーム音楽を中心とした演奏活動をされている、ヴァイオリンとピアノのデュエット

A+ コンサートvol.7

日時: 201483日(日)14:00-15:00

会場:7th cafe

名古屋市中区栄三丁目181 ナディアパーク内デザインセンタービル7

 

Mandolin Ensemble LUIDA

浜松エリアの若手奏者を中心に201310月に結成されたマンドリン音楽の演奏団体

結成記念演奏会

日時: 2014831() 開場 13:30 開演 14:00

会場: アクトシティ浜松音楽工房ホール

プログラム: ドラゴンクエスト、クロノトリガー&クロス、ファイナルファンタジーなど

 

 

【宣伝活動】

1,541席を埋めることを目標に様々な宣伝活動をさせていただきました。

そして最終的に1,170のお客様にご来場いただきました!!!

当初2階席は開けない予定でしたので、開いたことを聞いた瞬間、本当にうれしくて演奏会前なのに目から汗が

吹奏楽形式のゲーム音楽演奏団体では異例ともいえる人数のみなさまにお越しいただけたのも、ご協力いただいた皆様のおかげです!本当にありがとうございました!!

 

ここで、いくつか宣伝活動の内容をご紹介いたします。

 

TwittermixiFacebookなどのSNS

Twitterでは公式アカウント担当ということもあり、しつこいくらいに宣伝をさせていただきました。TLが埋まってしまい、見づらかった方もいたかもしれませんすみません

演奏会情報のツイートについては、ご来場される方が困ることが無いように、親子席などの会場情報、会場へのアクセス方法、駐車場の利用方法など、できるだけ発信するようにしました。

また、遠方からも多くご来場していただけるとのことで、観光情報やグルメ情報(飯テロではないのですよw)、お土産情報などをお送りしました。

 

mixiFacebookにもNGME公式ページがありますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

 

Web関連

2083web様への掲載、INSIDE様への掲載、吹奏楽情報サイトへの掲載などしていただきました!ありがとうございました!

 

・演奏会宣伝用チラシ

今回も団員の友人のデザイナーさん(ロゴやパンフレット、Tシャツや名刺などもデザインしていただいています)にチラシをデザインしていただき、

簡易チラシ2,000枚、A4チラシ20,000枚、A5チラシ2,000枚を印刷

各ゲーム音楽演奏団体様や一般楽団、学校関係様の演奏会での挟み込みや、コミケへのイベント配置、公共施設や全国の楽器店やゲーム屋さんなどの小売店、飲食店やゲームセンターなど数多くの場所に演奏会チラシを置かせていただきました。団員の協力もあり、約100は配置したかと思います。挟ませていただいた各団体様、置いていただいた施設や店舗の皆様、本当にありがとうございました!

 

・優先入場券

今回は試験的に優先入場券のシステムを導入しました。チケット制も考えましたが1,500席もあることもあり、あくまで席が確保されているということの保証として遠方のゲーム音楽演奏団体様や団員の親族などを中心に配布させていただきました。

遠方の団体様からも80人近くの方にお越しいただきました。ありがとうございました!

今回はすべてのお客様に会場に入っていただけたのでよかったですが、チラシを印刷した後に決定したということもあり、券をご案内することができず、申し訳ありませんでした。

次回以降は会場の収容人数にもよりますが、安心してご来場いただけるようなシステムをご用意できればと思っております。

 

そのほか、中日新聞への掲載、ポスター掲示、地域情報誌への掲載、3DSすれちがい通信など様々な宣伝活動をさせていただきました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

【演奏会パンフレット、別紙、アンケート】

前回の演奏会では時間的な問題もあり、デザイナーさんを中心に作っていただきましたが、今回はパンフレット作成部隊を結成し、掲載内容やデザイン案や構成などを討議し、最終的にデザイナーさんの手で素敵なパンフレットが完成しました。

ゲームを知らない方を含め、すべてのお客様に演奏会を楽しんでいただけることを目標に、何回にもわたるパンフレット会議を開き、作っていきました。

ご好評いただけたようで、とてもうれしいです。

また、演奏会への注意事項や案内、会場地図を別紙として用意させていただきました。なごめとなごみというオリジナルキャラクターも、誕生しました。アンケートにも描いていただいたり、こちらも反響が多くて、デザインした団員も非常に喜んでおります。

 

アンケートは最終的に来場者数の75%にあたる881も書いていただきました!ありがとうございました!11枚をじっくり読ませていただき、次回以降の参考にさせていただきます!

 

パンフと別紙  

パンフレットと別紙

 

【スタッフ】

今回の演奏会では受付などの表方、ステマネや照明などの裏方に関して前回の演奏会でスタッフをやってくださった方に数多く手伝っていただきました。

そのおかげもあり、大きなトラブルもなく、無事に演奏会を行うことができました。

 

演奏会を行うためには、演者だけでは実施することが不可能であり、NGMEには常任のスタッフもおりますが、その方々含め、演奏会を陰で支えてくださるスタッフのみなさんには本当に感謝の言葉しかありません。

スタッフとして参加してくださった皆様、大変にありがとうございました!

 

 

【演奏】

実は全曲が完成したのは演奏会の2か月ほど前でした。

今回の演奏会は、前回に比べて演奏曲数も時間も増えており、さらに前回は市販譜を含め最初からある程度譜面が揃っていましたが、ほとんどの曲が1から作成した譜面であったこともあり、演奏練習が本格的になるのにも時間がかかりました。

パート練、個人練などで足りない部分は捕捉しつつ、毎回毎回の合奏練習や合宿、ホール練習などの機会を大切に使って練習してきました。

NGMEはいわゆる一般の市民楽団と比べ、演奏に対してモチベーションが高い団員が多く、演奏に対しての意見も飛び交いつつ練習をしています。

 

演奏に対してもそうですが、演奏会や団をより良いものにしていこうと本気で思っている団員が数多くいて、モチベーションが非常に高いところがNGMEの一番魅力的なところだと思います。

 

それでも粗が出ている部分も多々あったかとは思いますが、さらに技術を向上させ、よりよい演奏をお聞かせできるように頑張っていきます。

 

 

【演出】

演奏にも、そして演出にも本気で取り組んでいます。

今回は主にサンソフトメドレー、そしてみんなのリズム天国でゲームの場面を再現するような演出を取り入れました。

 

演出曲については、

1.     演出内容の考案、キャストの決定

2.     必要な道具、衣装の確認

3.     道具、衣装の作成

4.     演出練習

といった流れで完成させていきます。

 

演出曲でももちろん演奏も本気で取り組みますので、キャストもバランスを考えての選出となります。練習も合奏とは別に演出練習をやったりしました。

会場のみなさまにも楽しんでいただけたようで何よりです。

そして、今回も前回の演奏会でマリオや司会で大活躍していただいた、よこばりさんにもご協力していただきました!

本職は歌の方なのに演出だけの出演ですいませんでした><

 

 

【ロビー展示】

演奏会にお越しいただいた皆様は、ロビー展示は見ていただけましたでしょうか?

前回に引き続き、演奏曲にまつわるゲームやグッズなどを展示させていただきました。今回はスペースも広かったので、多数のグッズを置けたので楽しんでいただけたかと思います。

ちなみに入口にはロマンシング サ・ガなどを作曲された伊藤賢治さん、聖剣伝説LOMなどを作曲された下村陽子さんにサインしていただいたチラシも飾らせていただきました。

ご覧いただけましたでしょうか?

 

サイン入りチラシ  

サイン入り演奏会チラシ

 

 

【最後に】

演奏会の進行面では前日リハ、当日の開場前ギリギリまで使って確認、練習していましたが、いろいろとミスが出てしまい、見苦しいところがあったと思います

 

ただ、演奏会後のお客様から「素晴らしい演奏会だった」「楽しかった」などのお言葉をいただき、本当にやってきてよかったと思っています。

 

まだ結成から2年と4か月、演奏会も2回目と未熟な団です。

みなさまからいただいたアンケートなどのご意見や、今回の演奏会で得られた経験や反省を生かし、さらに成長していきたいと思います。

ぜひ次回の演奏会もお越しいただければと思います!

 

今後も、NGMEをそして、NGMEの仲間たちをどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

2回演奏会実行委員長

セディ

 

P.S.

団長挨拶にて、次回の演奏会についても少し触れさせていただきました。

201567()にウィルあいちを確保していると。

ただ、この会場、800名収容なのです。つまりは今回来ていただいたお客様の370名の方が入れないということです

ということで、再検討中ですので、次回演奏会については決定次第ご案内いたします!

 


  1. 2014/06/13(金) 00:09:18|
  2. 演奏会後記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6/8「愛知で聖剣伝説の音楽と絵を堪能ツアー」のご紹介

こんばんは。広報兼、Twitterの中の人、第2回演奏会責任者のセディです。

 

いつもは練習後期をお送りする本ブログですが、今回は演奏会直前ということで、趣旨を変えて聖剣伝説ツアーのご案内を差し上げます。

すでに行く予定の方も、ご参考になればと思います。

 

 

演奏会直前休暇を取れたので聖剣伝説シリーズでメインビジュアル担当や、パッケージイラストを描かれ、昨年急逝された磯野宏夫さんの遺作展を見に、名古屋市内にある古川美術館へ行ってきました。

 

遺作展  

分館 爲三郎記念館企画 「磯野宏夫遺作展~生命の森へ」

 

【開催場所】

「磯野宏夫遺作展~生命の森へ」は古川美術館の分館である爲三郎記念館で開催されています。

本館と入場券は一緒ですが、離れた建物にあるので、本館の展示を見る時間的余裕が無い方は、間違えないようにお気をつけてください。

ちなみに本館では美人画展がやっておりました。30分もあれば見られるかと思いますので、ご興味がある方はこちらもどうぞ。

 

本館

本館入口

 

【アクセス方法】

まず、爲三郎記念館へのアクセス方法からご案内します。

まずは名古屋市営地下鉄東山線の池下駅に向かいます。名古屋駅からは直通で13分です。

駅に着いたら1番出口を目指し、改札を出て右に曲がります

 

アクセス1

改札出て右を向いたあたりの光景

 

バス停に出ますが、さらに右に曲がって進んでいきます。横断歩道が見えますのでそのまま渡ってまっすぐ進みます。

 

アクセス2

バス停を曲がったあたり

 

しばらく道なりに進みます。

左側にCafé IL TULLEというおシャンティなカフェもあります。美術館の後にランチしましたがとても美味しかったですw

 

アクセス3

カフェもある通り

 

さらに進むと分岐の看板が見えます。

左奥に見える建物が古川美術館の本館。

分館は右に曲がります

 

アクセス4

本館と分館の分岐ルート

 

曲がると先に坂が見えます。石垣のあたりが分館です。

 

アクセス5

分館に向かうルートを選択したあとの道

 

分館の手間には駐車場もあります。

近くにも多数駐車場がありますので、車で来ても大丈夫そうです。

 



アクセス6  

坂の手前、駐車場のあたり

 

坂を少し上ると分館 爲三郎記念館にたどり着きます。

門を超えると入口があります。

駅改札から分館までは徒歩で5分程度で着きます。

 

アクセス7

分館入口

 

【遺作展レポート】

さて、本題の分館での展示ですが、当然ですが写真撮影は禁止のため、文字だけですがレポートさせていただきます。

 

まず、門構えからも漂ってくるように爲三郎記念館は古川爲三郎氏のすみかを公開し、展示も行っているため、和室の中で展示を見ることができます

 

爲三郎記念館 館内 見取り図

http://www.furukawa-museum.or.jp/memorial/map

 

入口を抜けた後は靴を脱いで、部屋にあがるといきなり磯野氏の絵が迎えてくれます。

そのほかの展示もそれぞれの部屋に飾られているのですが、畳の上や床の間、ふすまや仕切りなど、和室の中に溶け込んでいて、何とも不思議な感覚に陥ります。

低い位置に展示されている絵も多いため、部屋によっては畳に膝を立てたり座ったりしながら磯野氏の絵を間近で感じることができます。

私が行ったのが平日朝ということもあり、館内はほとんど人がいなかったため、じっくり見入ってしまいました。

 

遠くで見ても鮮やかで生き生きとした素晴らしい絵ですが、近くで見ると点や線で描かれた植物や動物、空や水を克明に見ることができ、圧倒され、感動してしまいます。

 

窓から入る日の光や、庭園の風景、せせらぎの音や葉っぱのこすれた音、それらも磯野氏の絵と絶妙に合っていて、美術館と絵が融合した素晴らしい展示でした。

 

みなさんがお目当てとされているであろう、聖剣伝説の原画も一つの部屋にまとまって5点展示されていました

人がいないのをいいことに聖剣2のパッケージ絵の原画の前でしばらく独り占めして見ていましたwほんと、必見です。

 

【展示以外の情報】

そして、この分館では呈茶をいただくこともできます

しかも原画のすぐ近くで。

 

聖剣の原画のところにはありませんでしたが、私は展示を見て、一番好きだった雲霧林の絵が見えるところで抹茶と季節の和菓子セット(700)をいただきました。

コーヒーなどもあり、入館券についてくる割引券を使うと200円引きで頼めますで、時間がある方はご利用ください。

 

数寄屋カフェ

http://www.furukawa-museum.or.jp/memorial/teicha

 

そのほか、感想をノートに書けるコーナーもあり、中を見たところ、やはり聖剣ファンの方の書き込みが多数見られました。遠方から来られている方も多いようです。

私もちゃっかり演奏会の宣伝を交えつつ感想を書いてきましたw

 

入口に戻ったところにはお土産コーナーもあり、展示物のポストカード(1108)や、原画集など購入することができます。

ついつい散在してしまいそうですw案の定、ポストカードを買ってしまいましたがw

ポストカード
購入したポストカード

 

【鑑賞時間について】

空いていたこともあり、じっくり展示のひとつひとつを堪能しましたが、1時間弱ですべての展示を見られました。

呈茶や感想を書いたりするとプラス2030

お土産で10分程度

合計1時間半ほどあればゆっくり鑑賞できるかと思います

 

土日は混むかと思いますので、じっくり鑑賞されたい方はもうちょっと時間に余裕を持った方がよいかもしれません。

 

【聖剣ツアーのご案内!】

さて、ではモデルプランとして磯野宏夫遺作展と名古屋ゲームミュージックアンサンブル第2回演奏会の両方楽しむ「聖剣伝説堪能ツアー in Nagoyaをご提案します。(演奏会は刈谷ですが…)

モデルプランのため名古屋駅をスタート地点としました。

 

1日で展示と演奏会の両方を楽しみきる!欲張り日帰り聖剣ツアー

6/8() 9:29      名古屋駅にて名古屋市営地下鉄東山線「藤が丘行き」に乗車

              9:41       名古屋市営地下鉄東山線「池下駅」で下車

              9:45       改札を出て分館 爲三郎記念館へ向かう

              10:00     開館と同時に入館。展示を鑑賞

              11:00     お土産コーナー物色、名残惜しみつつ退館

              11:10     池下駅周辺で軽めのランチ

                            ※駅前にヴィド・フランス、ミスタードーナッツなどあります。

              12:04     名古屋市営地下鉄東山線「高畑行き」に乗車

              12:07     名古屋市営地下鉄東山線「千種駅」で下車、JR線へ乗り換え

              12:11     JR中央本線快速「名古屋行き」に乗車

              12:16     JR「金山駅」で下車、乗り換え

              12:21     JR東海道本線新快速「豊橋行き」に乗車

              12:35     JR「刈谷駅」で下車、改札出て左に曲がり、ホールへ

              12:40     ホール到着。入場列へ並ぶ

              13:00     開場

              13:30     開演!聖剣伝説メドレーIIなど演奏会をお楽しみください

              16:00     終演予定

 

食事は池下駅で取るパターンにしました。コメダ珈琲も徒歩圏内にありますが、時間的に厳しいのでファストフードで済ますプランにしています。

刈谷には駅前にドトール、会場前にコメダ珈琲もありますので、刈谷に先に移動するのもいいかもしれません。

 

スケジュール的に余裕を持ちたい方は、前泊して土曜に美術館、日曜に演奏会というプランをおすすめします。

ちなみに後泊だと美術館が月曜休館なので入れませんのでご注意を

 

他に観光を取り入れたい方は、NGMEおすすめ名古屋観光情報をご覧ください。

https://twitter.com/hashtag/NGME%E8%A6%B3%E5%85%89

もしくはtwitter #NGME観光 を検索!

 

また、グルメを堪能したい方はこちらをご覧ください。

https://twitter.com/hashtag/NGME%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1

もしくはtwitter #NGMEグルメ を検索!

 

では、最後に展示と演奏会の概要をご案内して、終わりたいと思います。

それでは演奏会にてお会いしましょう!!

 

 

古川美術館 分館 爲三郎記念館企画 「磯野宏夫遺作展~生命の森へ」

開催期間:2014531日(土)~622日(日)

※休館日 月曜日

 開館時間:午前10時~午後5 (入館は午後430分まで)

交通アクセス(電車):

地下鉄東山線 池下駅1番出口より東へ徒歩3

地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より西へ徒歩5

入館料:

 大人/1,000円、高校生・大学生/500円、小学生・中学生/300

※土日エコきっぷ、一日乗車券などで100円割引などあり

http://www.furukawa-museum.or.jp/show_exhibit

 

 

名古屋ゲームミュージックアンサンブル 第2回演奏会

日時:201468()

開場 13:00 / 開演 13:30 (終演予定 16:00)

会場::刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール [1,541]

交通アクセス:

電車

 JR東海道本線・名鉄三河線「刈谷」駅 南口よりウイングデッキ直結徒歩3

 伊勢湾岸自動車道豊明ICより約20分、豊田南ICより約25

駐車場

 刈谷市総合文化センター駐車場(610)をご利用ください。ホールご利用の場合、認証により4時間まで無料となります。

チケット:入場無料(全席自由)

※チケット等は必要ありません。

※当日混雑の場合は入場を制限する場合がございます。あらかじめご了承ください。

曲目:

FINAL FANTASY

BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY

みんなのリズム天国

ゼルダの伝説シリーズ

聖剣伝説シリーズメドレーⅡ

ロマンシング サガ ミンストレルソング

メドレdeチョコボ

サンソフトファミコンメドレー

ほか

http://nagoyagme.cyber-ninja.jp/concert.html

 


  1. 2014/06/04(水) 22:13:53|
  2. 演奏会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【演奏会直前 増刊号】5月31日練習後記 ~あの空に僕らは何を想ふ~

 まだ梅雨入りもしていないのに、30度を超える日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 日中は暑くなっていますが、朝早い時間帯、練習会場に向かう道中の緩やかな日差しと駆ける爽風は中々に気分が高揚する良い気候に感じております(ただし練習会場の猛暑はご遠慮頂きたい⇒517日練習後記参照

 http://ngme.blog.fc2.com/blog-entry-33.html)。

 

 申し遅れました、今回の練習後記を担当しますのは正指揮者を務めております「ひびき」と申します。よろしくお願いします。

 文章だと堅くなってしまい皆さんのような楽しい練習後記になるかは不明ですが精いっぱいリポートさせていただきます。

(※思ったより長文になってしまいました、すみません)

 

 

・練習後記

 いよいよあと1週間で本番です。この日は全曲通し練習を中心に本番までの慣れと心構えを作っていきました。

 実質的に最後の合奏練習だけあって団員の集中力もかなり高く、合奏での指摘事項等も良く反映されていました。あとは開場直前までの粘りと調整で仕上がったものを楽しみにしていてください。

 

 

えーと、あとは曲について細かく話していくのもいいのですが、せっかく演奏会直前なので思うことでも書いていこうと思います。

 

 

・仲間との演奏

 演奏会の前というのは不思議なものでいろいろな想いに駆られることがあります。

私だけかもしれませんが、1年以上前から練習を始め、みんなが譜面どおりに演奏できるようになって、全体個人練習からちゃんと合奏になって、合奏がレベルアップしていって楽しくなったころ、ふと思うのです。今いるこのメンバーで演奏できるのはあと何回かなと。

 

 NGMEという団体は自分でいうのも手前味噌なのですが非常に仲の良い楽団だと思っています。ゲーム音楽が好きという共通の項目はあるのですが、そこだけではなく良いメンバーがあつまったんでしょうかね。練習時以外にもポケモンガチ部、カメラ部、カラオケ部やほぼ毎週あるお泊りゲーム会、浴衣会やハロウィーン等のイベント会、日帰り旅行、パート飲み会等様々な企画が立ち上がっては賑やかな様子がtwitter等で上がってきます。

 

 私もNGME設立メンバーの一人なのですが、団員一人ひとりと交わす「はじめまして」が嬉しくて仲間が増えていく喜びをかみしめてきました。 しかし、どこの団体もそうですが、仕事やご家庭の都合で人の出入りがあることはほぼ避けられないと思っています。なればこそ今いるメンバー・仲間と同じ時間を過ごせることが尊く、一緒に合奏ができ、演奏会を創ることが幸せに感じられるのです。しかもそれを大好きなゲーム音楽で。

 

 

・和気藹々vs鬼指導

 先ほど述べたように仲が良く和気あいあいとしたNGMEですが、演奏会に向けた合奏練習となると違う顔を見せます。自分たちがゲーム音楽を演奏できるという事自体に喜びを見出すことは大前提なのですが、演奏会でお客さんに来ていただくとなると中途半端や下手な演奏は聞かせられません。決して音楽経験が豊富な団員だけではありません。社会人になってから楽器を始めた方やブランク持ちの方も少なくは無いのですがそこは情け容赦なし。

 

 縦の意識が甘い、発音が遅い・早すぎる・悪い、ピッチが悪い、音程が取れていない、フレーズ感をもっと出せ、ノリが悪い、メロディーが歌っているときでも刻みはテンポキープを怠らない、周りを聞いてバランスを取れ、視線を上げろ、指揮を見ろ、力が入りすぎている、そもそも音を間違えるな、等々。

 決して全員が頻繁に楽器を吹ける環境ではない社会人団体には厳しいほどの多くの指摘・指導が飛び交います。また、団全体の士気が高く、指揮者からのみならず、各個人からも気付いたことやこうした方がいいねといったアドバイスが飛び交います。

 

 練習は必ずしも楽なものではありませんが、団員一人ひとりの大切な休日の時間を費やして作り上げていく音楽。少しずつでもレベルアップして良い演奏が出来るようになっていく達成感は何物にも代えがたい宝物だと信じています。

 

 

・お客さんへのプレゼント

 演奏会というのはNGMEという団体の活動の途中にある大イベントではありますが、演奏会にご来場頂く方の視点からはまた違う見方が出来ます。

 

 お客様からしてみれば我々がお届けする音楽というものはほんのひと時のことかもしれません。ですが、演奏会という場は音楽を聴くだけの場ではなく、演奏が始まるまでの静まり返った緊張感を味わえる場であり、演奏を聴いて楽しめる場であり、昔遊んだゲームの追憶できる場であり、更にはご来場いただいた皆様と同じ時間・空間を過ごす場でもあります。それはCDDVDを買って音源を聞けば手に入るようなものではなく、会場に足を運んでくださった方の特権だと思っております。

 

 演奏そのものを楽しみに来てくださるお客様はもちろん、私たちがみなさまに送る演奏会というプレゼント。受取っていただいてそのうえ、楽しんでいただけたらとても幸いに思います。

 

 

 ここまで書いて思ったのですが、練習後記というよりはただの随筆になってしまいましたね。長文になってしまい、かつお見苦しく申し訳ありません。

 

 

 そうそう、なぜ練習後記のタイトルがこれなのかといいますと、

 私たちがいつも練習をしている会場は二階にありまして、窓の外には空が見えるのです。

 そして基礎練習や合奏の中で「音を遠くに飛ばそう。その為には音量を無理に出すのではなく、パート単位で音色や息のスピードを揃えることで遠くでもまとまって聞こえるんだ」とか「音を目の前の建物、いや、川の向こうまで飛ばすくらい遠くを意識しよう」といった指示を良く飛ばしているのです。

 

 そしてとある日の基礎合奏をしているときにみんなの音を聞きながら窓の外から空を見上げた時、「ああ、みんなが奏でるこの響きをどこまでも届けていきたいなぁ」と思う瞬間があったのです。 ええ、それだけです。 それだけですけど。 青臭いですか? いいじゃないですか、はい。

 

 聞きに来てくださる皆さん、楽しみにしていてください。団員みんながそれぞれ最大限に頑張って作り上げたNGME第二回演奏会楽しみにしてください。

 

 

名古屋ゲームミュージックアンサンブル第2回演奏会

2014/6/8(日)

開場:13:00 開演:13:30

場所:刈谷市総合文化センター アイリス大ホール (刈谷駅から徒歩3分)

地図:http://www.kariya.hall-info.jp/?menuID=5

曲目:FF9BRAVELY DEFAULT、ゼルダの伝説メドレー、 聖剣伝説メドレー、メドレdeチョコボ、

ロマンシングサガ ミンストレルソング、 サンソフトファミコンメドレー、みんなのリズム天国 等

 

 

番外編

名古屋の美味しいものはこちら

https://twitter.com/hashtag/NGME%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1 

もしくはtwitter #NGMEグルメ を検索

 

NGMEおすすめ名古屋観光情報はこちら

https://twitter.com/hashtag/NGME%E8%A6%B3%E5%85%89 

もしくはtwitter #NGME観光 を検索

 

NGMEおすすめ名古屋のお土産情報はこちら

https://twitter.com/search?q=%23NGME%E3%81%8A%E5%9C%9F%E7%94%A3&src=typd

もしくはtwitter #NGMEお土産 を検索

 

 

それではご来場、お待ちしております。

 

NGME ひびき

  1. 2014/06/04(水) 18:35:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0